盗聴調査機器のレンタル

盗聴や盗撮調査の中でダントツの多い場所が自宅です。

当然ですね。
自宅は一番プライベートな部分ですし、他人が立ち入れる場所ではありません。

盗聴や盗撮はそんなプライベートな部分にひっそりと隠れています。

主に盗聴器が仕掛けられている場所は?

1.電柱の端子(電話盗聴の場合)

これはよほど本格的にあなたの自宅を盗聴しようと考えている犯人でなければあり得ない場所です。しかし、現実的には盗聴器が仕掛けられる場合がありますし調査箇所としては必須です。

2.電話線の保安器(電話盗聴の場合)

これも電柱同様、専門的な知識がなければ仕掛けることができない場所ですが、見落とさない様にしましょう。

3.電話の中(電話盗聴の場合)

電話を盗聴するのに電話機本体に仕掛ける。単純な方法ですが、しっかり調査してください。

4.ふすまの桟(えつり)

ふすまの桟(えつり)とはふすまがある上の方にL型金物で額などを掛けている場所です。この場所は盗聴器がスッポリ入りますし、取り出しも簡単です。要注意な場所でしょう。

5.蛍光灯の上

蛍光灯の上はちょっとした知識があれば電源を確保できる盗聴器を仕掛けられやすい場所です。

6.つぼの中

電気の知識がなくても盗聴器を簡単に仕掛けることができます。見つかりやすいですが、仕掛けやすい場所です。

7.仏壇の中

つぼの中同様、簡単な場所です。普段あまり中まで見ないので取り外しが容易な場所です。

8.掛軸の裏側

掛軸に限らず、家の中で放置され続けているものに盗聴器を仕掛けても発見され難いのです。犯人はその心理を利用しています。

9.テーブルの裏側

来客が簡単に仕掛ける場所としてはテーブルが単純で良いでしょう。両面テープなどで固定すれば一瞬で取り外しができます。

10.インテリアの中

まさか!という部分に盗聴器は仕掛けられています。定期的に検査は必要でしょう。