盗聴調査機器のレンタル

車内で重要な機密情報やプライベートな話をしたことはありませんか?
車内はなんとなく安心できる空間です。

しかし、もしそこに盗聴器が仕掛けられていたら・・・

ちょっと怖いですね。

でも、少しだけ安心してください。
電波式の盗聴器の場合、電波の到達距離は数百メートルです。これは機種により若干異なりますが、ほぼこんなものです。

車が止まっていれば別ですが、走っている車内の会話を盗聴する場合には、当然、尾行が必要になります。

尾行をしながら数百メートルの距離を保ち盗聴を続ける。
ちょっと骨の折れる作業です。
これは探偵などの訓練された人間でなければ容易にはできません。
車内に受信機と録音装置を隠すこともできますが、他人の車の場合、簡単に取り付けることはできません。もちろん、取り付けた録音機は回収する必要がありますので、それも簡単ではありません。

これらの点を考慮すると、車内の盗聴は簡単ではないことがわかります。逆に車内を盗聴されていた場合、厄介な相手であることは間違いありません。

注意

携帯電話を使った盗聴の場合は距離は殆ど関係ありませんので、前述した限りではありません。
携帯を使った盗聴の場合には、車内に携帯電話や類似した物を隠されると、距離に関係なく携帯のつながる場所であれば会話は筒抜けになります。