盗聴調査機器のレンタル

バグスポッターは電波をキャッチすると識別音を警鳴、発信源へと識別信号を送信します。

盗聴器を発見した場合には、本機から発信された識別信号が盗聴器によって戻され、 盗聴器警告音が「ピピピピピピピピピピピ」と鳴ります。

盗聴波以外の電波であった場合「識別音」が「ピーッピーッ」鳴り「盗聴器警告音」は鳴りません。

バグスポッターは盗聴器を発見した場合、ラジオモードに切り替えて、実際の盗聴器の音声(物音や生活音など)を聞くことができます。

盗聴器が設置されている場所は、高精度アラームLEDの点灯数を頼り特定します。

7つの赤いアラームLEDが全灯すれは、盗聴器は30cm以内にあります。

バグスポッターのスピーカーと盗聴器のマイクによるハウリングを利用しても盗聴器の場所を特定することが可能です。

バグスポッター 主な仕様

商品名
BUG Spotter(バグスポッター)
受信周波数
50~2,000MHz(2GHz) ※1
スキャン時間
約20秒/回
アラーム警鳴
3種類(スキャン音、識別音、盗聴器警告音)
音声モニター
OK(ラジオモードボタン)
アンテナ
空中線形式小型ハンディーアンテナ
アンテナ接栓
BNC型
電源
単3型電池(ニッケル水素電池使用可)×4
消費電流
80mA
外形寸法
本体:117(126)×65×34mm、アンテナ:φ15×45mm
重さ
本体:200g(アルカリ電池含む)、アンテナ:17g