盗聴調査機器のレンタル

先月、内装工事をしたのですが、工事の後から電話をしていると通話中に雑音が入るようになりました。
電話というのは携帯電話ではなくて、固定電話のことです。

それまでは雑音が入ることはなかったので、最初は、内装工事のときに何かの拍子で電話が壊れてしまったのだと思っていたのです。
ですが、よく考えてみると、電話の近くでは工事をしていません。
そこで、夫に電話の雑音が気になっていると相談してみました。

夫の意見は、電話が壊れたのではなくて、盗聴されているのではというものでした。
電話に盗聴器が仕掛けられると、電話に雑音が入ることがあるということから、夫は内装工事の人が盗聴器を仕掛けたのではないかと思っているようです。

言われてみれば、内装工事の人が電話に盗聴器を仕掛けていてもおかしくはありません。
私は工事をしているところをずっと見ていたわけではありませんから、いくらでも盗聴器を仕掛ける機会があったと思います。

夫と相談の結果、電話を買い換えるより、盗聴されていないか調べてみようということになりました。
電話に盗聴器が仕掛けられていなくても、部屋のどこかに仕掛けられているということもあるので、機械をレンタルして家の中を調べる予定です。