盗聴調査機器のレンタル

一週間ほど前に、社内で盗聴器が見つかったと騒ぎになりました。
それは、コンセント型の盗聴器のようなものでした。
今までなかったところにコンセントがあると社員が騒ぎ、盗聴器ではないかという話になったのです。

電気に強い社員がコンセントを分解して調べてみると、盗聴器などではなく、何の変哲もない三又のコンセントでした。
騒ぎにするほどのこともなかったのですが、盗聴に関するテレビなどを見て社員が敏感になりすぎていたようです。

しかし、この件で盗聴についての認識を改めました。
我が社は盗聴など縁のないものだと思っていましたが、盗聴はどこにでもあるものではないかと思うようになったのです。

大きな会社ではありませんが、やはり盗聴されてしまうとある程度の損害が出るはずです。
それを未然に防ぐためにも、社内の検査をした方が良いのではないかと思いました。
今回の騒ぎは間違いだったから良かったものの、本当に盗聴器だった場合を考えるとぞっとします。

そこで、盗聴器を探す専門業者が使っているような機器をレンタルし、社内に盗聴器があるかどうか調べてみようと考えています。
今まで一度もこのような検査をしたことがありませんが、この機会に社内をしっかりと検査したいところです。