盗聴調査機器のレンタル

お恥ずかしい話ですが、社内で盗聴器が見つかりました。
最近、取引先の社長から、盗聴器が社内に仕掛けられていたという話を聞き、一応、自分の会社も調べてみるかと思い、まず社長室を調べてみたのです。
すると、机の裏から盗聴器が見つかりました。

一つ仕掛けられていたということは、まだ他にも仕掛けられている可能性があります。
社長室以外にも、仕掛けられている可能性も考えられると思います。
取引先の社長の話では、社員が仕掛けたという話でした。

私は自分の会社の社員を疑いたくはありませんが、社長室に入ることが出来る人間が限られているため、社員が仕掛けた可能性が高いのではないかと思っています。
盗聴器で聞いた情報を何に使っているかわかりませんが、中には他社に話されては困るようなものもあります。
これからも、知られては困る情報を口にすることがあります。
他にも盗聴器があるかもしれない状態では、仕事が上手くいかないでしょう。

一刻も早く盗聴器があるかどうか調べなければなりません。
しかし、専門業者が会社に入ってくると大事になってしまいますから、まずは自分で調べたいと思っています。
そこで、盗聴器を探す機器のレンタルを考えています。