盗聴調査機器のレンタル

映画を観ていると「NO MORE 映画泥棒」という盗撮禁止のCMが流れることがあります。
カメラの被り物を頭に装着した人が、そのカメラで映画を盗撮しようとして、同じようにパトランプの被り物をしている人につかまってしまうという内容。

このCMに登場するカメラ男(映画泥棒)のダンスが上手くて、「中の人はいったい誰なんだろう」と思ったことのある方も多いはず。

そんなカメラ男の中の人が、以前お昼の国民的番組で素性を明かし、話題になったことがあります。
しかもCMと同じダンスまで披露してくれたのだから映画ファンにとってはたまらなかったのではないでしょうか。

カメラ男の正体は、やはりというか当然というかもちろんダンサー。
40歳の男性でダンス歴25年、振付師やダンスの指導なども行っているというベテランです。
映画泥棒のダンス自体も彼の考案なのだとか。

実は、それまでにも何度かカメラ男の中の人であることはメディアでも取り上げられていたそうですが、生放送でそのダンスを披露したのはそれが初めてのこと。

思いもよらぬところで人気になってしまったカメラ男。
もともとは映画を盗撮しようとする悪者ですので、どうぞダンスと被り物以外はまねする人がいませんように……。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。