盗聴調査機器のレンタル

女子高生のスカート丈が短いという噂がネット上で広まり、情報を信じた盗撮魔が集まったため、盗撮被害が急増するという事態に陥ったS県のJR線。

集結した盗撮魔たちの手口も巧妙化していました。

大阪の獣医師は、スニーカーの表面に微細な穴を開け、そこに小型レンズを仕込んでそばにいた女性のスカート内を撮影していました。

県内在住の会社員はカメラをバッグに隠し、カメラから延びたコードのスイッチを手元で操作して女子高生のスカートの下を撮影。

警察でも県内の高校に注意喚起が行われましたが、女子高生の間では制服のスカートを短く着こなすのが「かわいい」、「かっこいい」と流行しており、学校側も苦慮しているようす。

盗撮は被害者が気付きにくい行為で、録画が残っていても被害者の特定が難しく、被害者意識が薄いのも特徴です。

警察は電車内や駅構内のパトロールを強化し、学校側も改造しにくい制服に変更するなど対策を取っているようです。

一旦盗撮されてしまった写真は、自分の知らないネット上などで瞬く間に拡散してしまいます。

流行を追いかけるのもいいですが、女子高生の皆さんは盗撮されないようにくれぐれも周囲には注意をしてください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。