盗聴調査機器のレンタル

――スマホが主流となる少し前の話です。

とある商業施設のエスカレーターに、Fさんはメールを打ちながら乗っていました。 と、そのエスカレーターを上りきったところで若いカップルに突然「警備員呼ぶから!」と言われてしまいます。 彼氏のほうも「おっさん、キモいんだよ!」とFさんに食ってかかり、女性は近くの店員に「このおじさん、痴漢です。私、盗撮されました!!」と訴えてるではないですか。 彼氏はFさんを見張っていて、周りのお客さんも異変に気づいて3人と店員を避けるように通り過ぎていきます。

Fさんが「盗撮はしていない」と訴えても信じてはもらえず、その間に警備員が到着。 Fさんも店内でもめるよりはと大人しく事務所までついていくことにしました。 そこでも「絶対盗撮された!!」と言い張る女性。 Fさんは「盗撮なんてありえません」と警備員さんに訴えます。 Fさんの携帯をあらためた警備員は「画像はないですね」と一言。 「そんなわけない! 隙を見て写真を消したんだ!!」とカップル。

「だから、何度も言ってるように盗撮なんてありえないんです」 Fさんはようやく信じてもらえそうだと胸をなでおろしました。 「私の携帯にカメラ機能はついてません」

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。