盗聴調査機器のレンタル
ウォーターゲート事件は、1972年から1974年に起きたアメリカの政治スキャンダルです。
名前は良く聞くけれど、いったいどんな事件なのか、実は良く知らない……。
そんな人も多いのではないでしょうか。
言ってしまえば、ウォーターゲート事件は世界一有名な盗聴事件でもあるのです。
事件の舞台は、ウォーターゲート事件の名前にも使われているウォーターゲート・ビル。
ここは当時のニクソン大統領政権時代の野党、民主党本部がありました。
そこに、不審者が侵入し、盗聴器を仕掛けようとしたことから事件は始まったのです。
きっかけは、ウォーターゲート・ビルで働く警備員が、ドアがロックされないように貼られている不審なテープに気づいたことでした。
清掃作業員がはずし忘れたのだろうとこれを取り去りましたが、またすぐに何者かがこのテーウを貼り直した形跡を見つけたことから、警備員が市警に通報したのです。
この盗聴事件とは無関係だと当初は言っていたニクソン大統領とホワイトハウスのスタッフでしたが、その後、米新聞社のワシントン・ポストなどの取材によって、しだいに関与が明らかとなっていったのです。
これにより高まったのが世論の反発でした。
ニクソン大統領は追い込まれ、アメリカ史上初、任期中の現役大統領が辞任することとなったのです。