盗聴調査機器のレンタル

盗聴器と盗撮カメラについて、最新の偽装タイプを引き続きご紹介します。

【腕時計タイプ】
腕時計に偽装した盗聴器兼盗撮カメラです。
操作しやすいためか、さまざまな機能が搭載されている機種が多く、カメラとしての性能も高めです。
最近はかなり薄型の物も出回っていて、盗聴器や盗撮カメラだと見破るのは難しいものがあります。
使用者が不自然な動きをしている場合には要注意です。

【ライター・タイプ】
一見するとライターにしか見えない盗聴器兼盗撮カメラです。
会議や打ち合わせなど、喫煙シーンでも注意したい装置です。

【メガネ・タイプ】
メガネをかたどったタイプの盗撮カメラです。マイク機能もついてるので録音にも対応。
伊達メガネやおしゃれメガネとしてかけることができるため、ターゲットも捕捉されやすく、やっかいです。
カメラのレンズはデザインの一部としても模されています。

【ボタン・タイプ】
ボタンの穴を模してカメラのレンズがついています。
さすがに本体はボタンの大きさではなく、通常の盗聴器のような形状。
これを服のボタンの裏に隠すようにして装着します。

――いずれのタイプも、特にカメラ機能には警戒したいところです。
数ミリの穴が空いていたり、黒い点のようなデザインが採用されている製品には気をつけてください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。