盗聴調査機器のレンタル

盗聴の被害に遭わないための対策をご紹介します。

まず、盗聴されにくい部屋としては、会議室なら外に向かって開かれた窓のない部屋がオススメです。
これはレーザー盗聴器の対策として有効。
外に向けられた窓のある場合には、厚手のカーテンでおおってしまうなどで対処してください。
さらに、音楽を流すなどの方法も盗聴対策になります。

盗聴器の調査撤去を専門としているような業者に見回りを依頼するのも効き目があります。
このとき、部屋の内部だけでなく、会議に参加する人の持ち物や衣類を調べることも重要です。
会議でパソコンを使う場合は、セキュリティー対策も必要です。

室内だけでなく、室外の見回りも欠かせません。
携帯電話の電波や、リモコンで操作されるような盗聴器の発信がないかを調べるためです。
会議室では携帯電話の電源を切るなど徹底するのが得策です。

会議が終了したときには、使用したメモや不必要な種類はシュレッダーにかけ、外部に漏れるのを防ぎます。

会議での会話方法にもコツがいります。
あまり大きな声で話すのではなく、普段の会話のトーンよりもむしろ低く、有線マイクとイヤホンで行うと安全です。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。