盗聴調査機器のレンタル

光の原理を使った、とてもシンプルな投射儀除法から、銀板写真、写真湿板、写真乾板と、カメラと写真の技術は進化していきました。

19世紀末には写真フィルムが普及し。
誰もが手軽に写真撮影できるカメラが大衆化されていきます。
1950年代にはイギリスやドイツ、アメリカが市場を引っ張っていましたが、1970年代以降には、日本製のカメラが世界を席巻します。

1963年にはオートフォーカス機能が実用化されるなどの技術も発展していったのです。

1995年あたりになると、撮影した画像をフィルムではなくデジタルデータとして保存するテクニックが普及。
デジタルカメラが一般化します。

その後、デジタルカメラは現在の主流となり、カメラメーカーではフィルムの製造中止が相次ぐようになりました。

さて、カメラがデジタル化されたことで、盗撮も容易に行えるようになってしまった点は警戒が必要です。

フィルムであれば、フィルム交換、そして現像という過程が必要ですが、デジタルだと一定の容量まで数多く保存できますし、送信することもできてしまいます。

テクノロジーの進化というのは、良い面ばかりでなく、必ず悪い面も生み出しているということになりますね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。