盗聴調査機器のレンタル

盗聴盗撮は、意外と身近な人が行う場合も多いのですが、より深刻なのは、見知らぬ他人からの被害、特にストーカーによる盗聴盗撮ではないでしょうか。
ストーキングと呼ばれるストーカー行為は、特定の人物に執拗につきまとうことを意味し、一方的に好意や怨恨を抱いているという特質があります。
以前の日本には、ストーカー行為を取り締まる法律は明確にされておらず、軽犯罪法や迷惑防止条例を適用するしか防ぐ方法がありませんでした。しかし、ストーカーによる被害者数が増加し、ときにストーキングが殺人などの大事件に発展するようになると、事態は変わってきました。平成12年には「ストーカー行為等の規制等に関する法律」(いわゆるストーカー規制法)が制定され、「ストーカー」という言葉自体もじょじょに日本全体に広まっていったのです。
また、ごく近年には団体でも「集団ストーカー」と呼ばれる行為が繰り返されるケースがあることがわかってきました。これは集団による、一団体もしくは一個人に対するストーキングで、盗聴盗撮などを行ったり、いやがらせをしたりするという手口が主なものです。政治団体、宗教団体がからんでいる場合もあるそうなので、こうしたストーカー行為の兆候を感じた場合は、いち早く警察に相談をしてみてください。