盗聴調査機器のレンタル

スパイが狙うのは軍事や国家、政府に関係する機関ばかりとは限りません。

近年問題となっているのが、敵対する企業の機密情報を、ときに盗聴盗撮などを行ってまで盗み出す産業スパイです。

冷戦以降、各国の情報機関が非軍事分野に進出しているという噂がまことしやかに流れており、スパイ技術は発展の一途をたどっています。

産業スパイは、企業にとって致命的なダメージになりかねません。 敵対する企業は、ビジネスで優位に立つためにさまざまな情報を狙っています。

それは商品開発についての機密情報のこともあれば、経営陣のスキャンダルなど企業イメージを損なうような情報も含まれています。

顧客データや仕入先については、企業経営にとって貴重なデータであるため、ターゲットになりやすい情報です。 ときには役員家族のプライベートまでが危険にさらされることも。

産業スパイは、その企業へ社員として潜入するケースもあれば、もともと勤めている人物を丸め込んだり、買収したりして情報が盗まれる場合もあります。

恋人になりすますなどのハニー・トラップが行われる場合もあり、金銭目当ての社員が、自らがライバル会社に情報を売るケースも見受けられます。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。