盗聴調査機器のレンタル

映画や小説などのイメージと実際のスパイの間には隔たりがあります。

例えば情報収集活動。 これは潜入や尾行、暗殺などの直接行動で行われているわけではありません。 情報公開が十分な国では、そういったものの中から目的の情報が得られる場合もあるからです。

スパイが窃盗や盗聴盗撮と同じくらい良く使う手段として、ターゲットとする情報を持つ機関の職員に異性の諜報員を接近させる方法があります。 恋愛感情を利用して情報が得られる、比較的にリスクの少ない手法で、「色仕掛け」や「ハニートラップ」との呼び名も。

また、映画や小説と違う点として、二重スパイと三重スパイがあります。 二重スパイは現実に存在しますが、三重スパイはほとんどいないと言われています。 三重スパイは実行が難しく、いくら何でも周囲に気づかれないわけがないためなのだとか。

さらにはスパイは職としては不人気でもあります。 それはそうですよね。 任務は危険、摘発されたら刑務所行き、戦時中では死刑になる可能性もあるのに薄給です。

そのため、現在の先進国では進んでやろうという人はとてもまれ。 政府の機関が新聞広告を出して人材を募集しているほどです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。