盗聴調査機器のレンタル

法律を無視して諜報活動を行った場合、取り締まりの対象となるスパイは内部情報を持ち出す側となります。 これに対し、その情報を買い取る外国政府の情報機関員は「ケースオフィサー」と呼ばれています。

ケースオフィサーの任務は主に敵側の情報に近づけそうな人物や有用な人物をスパイとして獲得すること、それらのスパイの管理、情報のまとめと本国への報告です。 スパイそのもととではかなり任務が異なっていることがわかります。

スパイに有用な人物は、敵側の暗号担当者や、電信員、マスコミや軍人と懇意である人物などがターゲットとなります。 こういったスパイの中には、自分が諜報活動を行っているという自覚すらない、ケースオフィサーが気づかせないというケースもあるのだとか。

海外に赴任したケースオフィサーは、その国の人間を使ってスパイ網を作り上げます。

映画や小説で取り扱われるスパイはとても派手な活動をしていますよね。 爆破、銃撃戦、ヘリコプターの操縦……などなど。 しかし、実際のスパイはとても地味な活動をしていることがほとんどです。

もちろん、ときとしてスパイも暗殺や破壊工作、拉致、敵地や敵の施設への潜入、盗聴盗撮、窃盗などの任務を請け負う場合もあります。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。