盗聴調査機器のレンタル

盗聴や盗撮と聞いたとき、最初にスパイという言葉が思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。

そもそもスパイ(spy)の語源は「espy」(見つける、探し出す)と同じ、古期フランス語で「espion」(見張る者)を意味しているそうです。

スパイは、敵対する勢力の情報を入手するため、違法とわかっている上で諜報活動などを行う者の総称です。 密偵や工作員、諜報員などともよばれています。

古代より、政治や経済、軍事や科学の分野において、情報を誰よりも早く入手することはとても重要でした。

世界中の神話や古文書には、このようなスパイの盗聴盗撮、つまり会話の盗み聞きや文書の盗み読みに対する予防策の描写があります。

『孫子』では、非常に具体的な工作の方法、二重スパイの活用法などが記されていてました。 日本の戦国時代の忍者も、スパイの一種です。 明治時代の西南戦争では、わが国でもすでにスパイが活動していたのだとか。

近代になると、各国はスパイ組織を拡大化させ、諜報活動を繰り広げるようになりました。

特に有名なのは、第二次世界大戦後の冷戦時代です。 水面下で激しいスパイ活動が行われており、中には表ざたになった事件も発覚しています。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。