盗聴調査機器のレンタル

下着泥棒という犯罪があります。
物干し台やコインランドリーの下着を盗んでいくというあれです。
警察が押収した大量の下着がテレビなどで映されることもありますよね。

泥棒をするまでには至らずとも、下着に性的興奮を覚える人の中には、下着を盗撮する人がいるので注意が必要です。
この場合の下着の盗撮は、痴漢などが行う、着用している物の撮影ではありません。
洗濯物として干している下着や、コインランドリーなどに入れられている下着……つまり着用されていない下着なのです。

たとえば、下着をベランダの目立ったところに干しておくと、望遠レンズのついたカメラなどで簡単に撮影されてしまいます。
また、コインランドリーのドラム式の乾燥機は中が見えるような構造になっていまし、洗濯機も誰もが簡単にのぞくことができてしまいます。
携帯電話のカメラでも安易に画像を残すことができます。

洗濯物を撮影しているのが知り合いだった場合、どういった下着をローテーションしているか、今日はどんな下着なのかを予想されることもあります。

下着だからと油断せずに、タオルなどで外からの視界を遮ったり、コインランドリーでは洗濯物から目を離さないようにするなど、用心が大切になります。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。