盗聴調査機器のレンタル

自分しか知らないはずのことを他人が知っていることは、不気味で不快なものです。

例えば、どこそこで買い物をして、それが自分しか知らないものなのに、翌日、同僚や友人に「○○持っている人って趣味が悪いよね」、「君、○○持ってるんだよね?」などと具体的な商品名をあげて指摘されるなどです。

自分が以前に口をすべらせたのか、相手が単に偶然発した言葉なのか、勘違いなのか、言われたほうはけっしていい気持ちがしません。

これを相手が故意に行っていた場合は、「ほのめかし」にあたります。
会社や学校や家庭など、自分しか知りえないはずのことをわざと聞かせるような行為です。
この「ほのめかし」によって、「おかしい」と感じ、盗聴盗撮調査をする人も大勢いるのだとか。

「ほのめかし」をする側の目的の一つが、盗聴や盗撮で得た情報を本人に聞こえるようにわざと話す、精神的な圧迫だと言われています。

また、情報は何も盗撮や盗撮から漏れるとは限りません。
捨てたはずのゴミを収集して、そこから流出する場合もあります。
ストーカーなどの影を感じている人は、レシートはシュレッダーにかけるなどの対策が必要となります。
また、郵便物がこっそりと開封されているケースもあります。

いずれにしろ、大切になってくるのが、どこから情報が漏れているのか、その原因をつきとめることです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。