盗聴調査機器のレンタル

盗聴器には色々な種類があります。 小型のレコーダーを室内に仕掛ける方法もありますが、他にも「コンクリート・マイク」と呼ばれる機器が使用されることがあります。

これは、医師が使用する聴診器を思い浮かべるとわかりやすいかもしれません。 マイクの先端を部屋の壁に押し当てることでその室内の音声を聞くことができる仕組みになっています。

そこで気になってくるのが、いったいどのくらいの厚さの壁まで音声が聞こえるかという点。

実はこのマイク、壁の厚さとは無関係。 むしろ壁の構造が問題となってきます。

というのも、音には物質が密なほど良く振動が伝わるという性質があるため。 糸電話や線路をイメージしてもらえばわかりやすいかもしれません。

コンクリートでも、対象がむき出しの壁である場合などが一番音が聞かれやすい傾向にあります。

裏を返せば、このコンクリートに隙間を作って二重にするなどすれば、音が漏れにくいということになります。

たとえ薄い壁であってもコンクリートの性質を理解していれば盗聴しにくい壁を作ることもできるというわけです。

ただし、同じ理由から、柱やガス、水道、空調の配管も要チェック。

自宅にいても、水道管からマンションの隣室の音が聞こえてきたという経験をされた方も多いのではないでしょうか。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。