盗聴調査機器のレンタル

闇にまぎれて活動し、敵地に侵入して情報を盗聴する。 いざというときには手裏剣や忍者刀で戦い、身軽に屋根をつたい走る。

そんな日本古来の忍者を想像したとき、必ず身にまとっているとイメージされるのが黒装束です。

忍者の黒装束は真っ黒な墨染めで、中には鎖帷子を身につけ、背中に刀をしょっているというスタイルが皆さんの中ですでに定着してるのではないでしょうか。

しかし、実際に真っ黒な洋服は、闇夜には意外と溶け込まず、逆に像が浮いて目立ってしまうものなのだそうです。

そのため、実際の忍者も紺色や柿渋色の衣装を身にまとっていたのだとか。

また、忍者は変装も行っていて、町中では町人のかっこうを、屋敷に侵入する場合などには使用人のふりをしていたのだとか。 虚無僧や山伏、商人や猿楽、武士や農民になることもあったそうです。

ただし、忍者は基本的に戦うことよりも逃げることに重点が置かれていました。 せっかく勝ち得た情報を、君主に知らせないまま死んでしまっては元も子もありません。

そのため、重い鎖帷子などを着用することはなかったそうです。 背中に刀を背負うのも、普段は動くときに邪魔になってしまうため、武士のように腰に下げていました。 しかし、床下などに潜むとき、刀を盾の代わりにして身を守るときにはやはり背中に背負ったそです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。