盗聴調査機器のレンタル

日本には古くから盗聴などの行為を行っていた集団として忍者が良く知られています。

忍者は色々な呼び名があることでも有名。

戦前は「忍術使い」という呼び名が一般的なものでした。 それが戦後になると、大衆小説などで「忍者」、「忍びの者」、「忍び」という呼称が定着。

江戸時代までは特に統一性もなく、地方ごとに呼ばれ方もさまざまでした。 例としてあげられるのは、「乱破」(らっぱ)、「素破」(すっぱ)など。 「すっぱ」は「すっぱ抜き」の語源となったとも言われています。

他にも「出抜」(すっぱ)、「突破」(とっぱ)、「伺見」(うかがみ)、「奪口」(だっこう)などがあります。

他の呼び名では「草」(くさ)も良く知られています。 「草」は一般人を装って、その土地に住み着き、忍者としての素性を完全に隠して現地の人間と交流、そこで家族を作り、信頼を得ることで内情をさぐるのが仕事です。

盗み聞きなど、いわゆる盗聴行為も仲間内に入ってしまえばやりやすくなるというわけです。

こういった「草」の中には、一代で終わらず、息子の代、孫の代まで仕事が引き継がれていくこともあったのだとか。

いつの間にか任務が薄れてしまっただけで、実は先祖が「草」だった……なんてこともあるかもしれません。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。