盗聴調査機器のレンタル

日本人なら知らない人はまずいない忍者。 時代劇などでは黒装束を身にまとい、素早い動作で敵をかく乱。 闇にまぎれて間者となり、敵の情報を天井裏や床下などから盗聴し、君主に知らせるのが主な役目です。 その戦闘能力にも目を見張るものがあります。

現在では海外でも人気が高く、日本と言えば、サムライ、そしてニンジャの国!

では、実際の忍者はどのようなものだったのでしょうか。

忍者は、鎌倉時代から江戸時代に活躍した、諜報や暗殺などを生業としていた個人、もしくは集団です。

その活動は隠密行動を主なものとしており、現代の特殊部隊に近い集団だと考えられていました。 いわゆる忍者の里として知られているのは、伊賀、甲賀、戸隠など。 中でも伊賀と甲賀は小説や時代劇にも良く使用されているので有名です。

また、忍者は上忍、中忍、下忍に身分が分かれていたことや、「陰忍」と「陽忍」があったことをご存知でしょうか。

「陰忍」は、姿を見せずに敵地に忍び込んで、盗聴などで内情を探ったり、破壊工作をする忍者です。 黒装束の忍者は、これに当たります。

一方の「陽忍」は、姿を公にし、活動する忍者のこと。 野草に詳しい者や化学面の知識を持っていた人物がその知恵を駆使して技術を提供していたこともあったそうです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。