盗聴調査機器のレンタル
あまり歓迎されない事実ですが、盗聴器の多くが一般的な家庭に仕掛けられており、しかも設置した人物が身内というケースが多々あります。
夫婦間の浮気問題や、嫁と姑の確執、子供の監視など目的はさまざまです。
こういったケースでは、次のような事柄が想定されます。
例えば夫が電話の雑音やテレビの乱れなどによって、何らかの電波の発信に気づき、盗聴器発見器を買おうとか、プロに発見してもらおうと言い出すと、奥さんのほうが猛烈に否定するなどです。
また、盗撮カメラにも注意が必要です。
身内を信じたい気持ちはわかりますが、年頃の女性がいる家庭など、盗撮カメラで映された映像が裏ビデオとして売られたり、盗撮サイトに投稿されてしまうという事態も考えられるのです。
親や兄弟など、罪の意識を持っていたとしても、お金の誘惑に負けてしまうということもあり得ます。
家の中だから大丈夫というわけではなく、家の中だからこそ危険も潜んでいるのです。
まさかと思いたい気持ちは山々ですが、身内の行動に何か違和感を感じたときには、念のため、浴室やトイレ、寝室などを調べてみてください。
そして、もしも、盗聴器や盗聴カメラを見つけた場合は、家族で話し合ってみてください。
外部の人間のしわざという可能性も捨て切れませんが、身内の顔色を見比べれば、誰が仕掛けたかはおのずとわかるはずです。