盗聴調査機器のレンタル
盗聴盗撮は、何も女性を狙ったものばかりとは限りません。
企業情報を目的としたスパイの用途に使われる場合もあります。
近年、特に注意が必要とされているのが、無線LANの盗聴盗撮です。
家庭や職場に関わらず、現在LANケーブルのいらない無線LANの普及が増加しています。
これは、ノートパソコンを自由に移動させることのできる通信方法で、とても便利なものです。
ただし、無線LANというように、そこからは電波が発信されているため、室外でもそれが受信できてしまうことがあります。
受信するアンテナが高性能であったり、発信元から近い場所であればあるほど、受信は容易になります。
セキュリティ対策が万全でないケースも多く、また、パソコンにパスワードの設定をしていない人も数多く見受けられます。
こういったパソコンでは、無線LANを通じ、他人に自由にそのパソコンの中身を見られてしまうのです。
クレジットカード情報が盗聴盗撮側に知られれば、そのカードでネットショッピングで好き勝手に買い物されてしまいますし、名前を騙って掲示板に書き込みだってできるのです。
最悪の場合、パソコンのデータを不正に書き換えられたり、自分がアクセスできなくなるなど、完全にパソコンを乗っとられる可能性だってあります。
無線LANを使う場合は、必ずセキュリティを万全なものにしてください。