盗聴調査機器のレンタル

カメラ技術の発達した現在、盗撮カメラも色々な物に仕掛けられることが多くなってきました。

小型レンズで、書店にいた女子高生のスカートの中を盗み撮りしたのは大学生の男でした。

犯行に用いられたカメラは容疑者の手作りで、直径1cmのレンズを靴のつま先に埋め込んだもの。

録画する機器は上着のポケットに入れており、ケーブルはズボンの中を通してレンズとつないでいたそうです。

書店の客から不審人物として従業員に知らせが入り、通報によって駆けつけた警察官に大学生は逮捕されました。

小型カメラが仕掛けられるのは靴ばかりではありません。
中にはサンダルにレンズが仕掛けられていたケースもありました。

女子高校生のスカートの中を盗撮した男が現行犯逮捕されたのですが、この会社員、何と右足のサンダルの先に小型のカメラをつけていました。

通報を受け、駆けつけた警察官によって逮捕されましたが、容疑者はサンダルの先に取り付けた小型のカメラをウェストバッグの中に入れてあったビデオ本体とコードつないで録画していたそう。

余罪も考えられるということで、警察はさらに追求することとなりました。

体の横や背後にピタリと張り付いてくるような不審人物に出会った場合、女性はその男性のつま先までチェックしたほうが良さそうです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。