盗聴調査機器のレンタル
女性の場合、一人暮らしは何かと心細いものです。
トラブルが発生した場合、最悪、そのアパートやマンションから引っ越したりと、何かとたいへんです。
盗聴盗撮を未然に防ぐポイントをいくつかご紹介しましょう。
【家の中でもお風呂上りは要注意!】
お風呂上りは、どんなふうに過ごしていますか?
バスタオルを一枚巻いて、そのままテレビの前まで行き、ボディーケア……という方も多いのではないでしょうか。
ワンルームのマンションや、1kのアパートでは、浴室は玄関からほど近い場所にしつらえられているのが一般的です。
玄関ドアを開ければ、すぐに外という場合もあるでしょう。
そんなときに気をつけたいのが新聞受けです。
かっこうの覗き位置ですし、カメラからの盗撮も容易にできてしまいます。
ボディーケアは脱衣場で済ますか、新聞受けから見えないところで行うことをおすすめします。
【窓からの望遠レンズに注意!】
カーテンも閉めずに着替えなどしていては、盗撮の標的にされてしまいます。
特に夜間は要注意。
たとえ、窓の外が暗くて、ビルに誰も見えないようでも、そこには人が潜んでいるかもしれません。
明かりをつけているこちらの部屋のようすは、外からばっちり見えています。
着替えるときは、きちんとカーテンを閉め、外からの目を遮断してください。