盗聴調査機器のレンタル

恋愛関係に陥った男女の間では、ときとして盗聴や盗撮が横行する場合があります。
相手の気持ちが知りたい、行動を把握しておきたいといった強い願望が、モラルに欠けた行動を起こさせてしまいます。

例えば、交際を始めたばかりのカップルがいたとしましょう。

○太は実は他にも交際をしている女性が複数いて、△美はその中の一人に過ぎません。
△美が家に遊びに行きたいと言っても、○太は自宅に彼女を呼ぶどころか、住所さえはっきりとは伝えていないのです。
なぜなら、○太は他の女性と同棲しているからです。
当然、△美は○太に不信感を覚えます。
そこで、△美は彼の自宅をつきとめようと、○太の車に盗聴器と盗撮カメラを仕掛けました。
その盗撮カメラの映像と盗聴器の内容から、○太の住所を知り、彼に他の交際相手が知ることになります。

この△美の行動は、おそらくこれでで終わらないでしょう。
○太の監視をずっと続け、ストーカーとなることもあるかもしれません。

また、車は盗聴器や盗撮カメラを仕掛けやすい場所と言えるでしょう。
ドライバーは運転に集中しているため、特に後部座席の手元などは視界に入りません。
近年の盗聴器や盗撮カメラは小型化が進んでおり、シートのすき間や小さなヌイグルミの中に仕掛けられる場合もあります。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。