盗聴調査機器のレンタル

メール、web、電話、アプリと、一度使い始めると手放せなくなるほど便利で高機能な携帯電話。
しかし、この携帯電話、実は盗聴器としても使えてしまうことをご存知でしょうか。

悪用されてしまう可能性があるので、方法を詳しくは書けませんが、ある一定の条件を満たすと、ターゲットにしたい人物の部屋やオフィスなどに仕掛けて、盗聴ができてしまうのです。

特に要注意なのが忘れ物を装った携帯電話での盗聴です。

携帯電話をどこかに忘れることは誰にでも良くあることですが、意図的にとなると話は違ってきます。
見つかった場合も、「忘れた」と言い張ってしまわれると、追及もしにくくなります。

盗聴だけではありません。
現在の携帯電話の多くには、カメラが内臓されています。

盗撮した人物は、あとで「携帯を忘れた」と回収すればいいだけの話なので、角度さえ合っていれば、知らないうちに思わぬ映像を撮影されてしまうこともあるのです。

携帯電話の忘れ物があったときは、良くある話だと受け止めずに、不審な点がないか念のために確認してみてください。

通話中になっていないか、カメラが作動していないかをチェックするだけで被害が防げる可能性があります。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。