盗聴調査機器のレンタル

グリコ・森永事件は1984年から1985年にかけて起こった事件で犯人が名乗った名前から、かい人21面相事件などと呼ばれることもあります。

この事件では警察無線が傍受されていたことが判明し、警察が無線をアナログから暗号化されたデジタル方式へ転換するきっかけになりました。

事件は1984年3月、当時の江崎グリコ社長の誘拐と身代金要求を発端として起こりました。

その後、江崎グリコに対して脅迫や放火などが続けざまに起きます。
また、脅迫の矛先は江崎グリコだけにとどまらず、丸大食品、森永製菓、ハウス食品、不二家、駿河屋など食品企業へ次々と発展。

実際に現金の引き渡しが行われはしたものの、犯人は次々と指定場所を変更。
結局、現金の引き渡し場所に犯人が現れることはありませんでした。
犯人と思しき人物が何度か目撃されたことはありますが逃げられているため正体もわからずじまいです。

また、日本全国の不安を煽ったのが、犯人が売店に「どくいり きけん たべたら しぬで かい人21面相」と書かれた紙を貼った青酸入り菓子を置いたことでした。

企業への脅迫状とは別にマスメディアに挑戦状を送付し、毒入り菓子をばらまいて社会を混乱させたことから、この事件は「劇場型犯罪」と名付けられ、世間を騒がせたのでした。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。