盗聴調査機器のレンタル

前回に引き続き、原因パターンに着目して盗聴盗撮の事例を見てみましょう。

【政治問題が絡んでいるパターン2】

Y市のとある自治会では会館の再建賛成派と反対派で激しい議論が交わされていました。
そんな中、ある委員が相手の動向を調べるために役員の自宅の電話に盗聴器を取り付けるという手段に出てしまいます。
ところが他人が知るはずのない情報をうっかり会議で漏らしてしまったことから盗聴が明るみ。
どうやらその委員、無線の知識があったために安易な行動をしてしまったようです。

【金銭が目的のパターン2】

夫から離婚の申し入れとさらに慰謝料1000万円の要求があったという女性。
夫が知るはずのない情報を提示されたことから色々と調べてみたところ、バッグから友人との電話内容が逐一書かれたノートが出てきたとか。
どうやら電話を盗聴されていたらしいとのこと。

【性的な興味が原因のパターン2】

少し前に空き巣に入られ、盗難されたものがないか入念に調べてみたけれど現金や腕時計、ジュエリーがそのまま残されていたお宅がありました。
若い娘がいるので心配になった家人が業者に依頼したところ、エアコンの内部から盗聴器が発見され撤去されました。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。