盗聴調査機器のレンタル
盗聴器や盗撮カメラを発見したい場合、市販されている発見器を使えば、自分で探査することもできます。
発見器はネットや電気街などでも販売されています。
盗聴器、盗撮カメラを探査する場合には、まず、テレビ、パソコンなど、室内の電化製品の電源を全てオフにしてください。
電波などが電化製品から出ていると、発見器が誤反応する場合があるからです。
そうした下準備を行った上で、発見器を使い、室内をくまなく調べていきます。
発見器は、盗聴器に近づけば近づくほど強く反応するので、いろんな場所に向けて試してみます。
特に、盗聴器や盗撮カメラを仕掛けやすそうな場所は念入りに行ってください。
発見器が一番強く反応する場所に盗聴器や盗撮カメラは仕掛けられています。
そういった反応があった場合は、そこにある物全て疑ってください。
これには仕掛けられないだろうと思っていても、想像もしていなかった形で設置されているケースもあります。
また、盗聴器や盗撮カメラが見つかったから、それで大丈夫だと安心はできません。
2つ3つと仕掛けられている場合もあります。
より保安を考えるなら、盗聴器・盗撮カメラ発見の専門家に依頼し、徹底した調査をしてもらうことをおすすめします。