盗聴調査機器のレンタル

盗聴や盗撮を仕事としているのがスパイですが、スパイと聞いて真っ先に思い浮かべるのが、そう、ジェームス・ボンドですよね。

映画シリーズですっかりおなじみですが、もともとジェームズ・ボンドはイギリスの作家イアン・フレミングのスパイ小説に登場するエース級の諜報員です。

このジェームズ・ボンド、いわゆるスパイの七つ道具を駆使しで盗聴や盗撮などを行うこともあるのですが、任務遂行中には自分の一存で容疑者を殺すことができる「殺しのライセンス」を持っていることでも有名。

そのコードネームは00セクションに所属する7番目のエージェントを意味する「007」です。

通常はダブル・オー・セブンと読みますが映画の中ではゼロ・ゼロと発音されていう場面もあるのだとか。

過去に何度も映画化されているシリーズで、これまでジェームズ・ボンドを演じてきた俳優は、ショーン・コネリー、ロジャー・ムーア、ピアース・ブロスナン、ダニエル・クレイグとそうそうたる顔ぶれ。

特に第一作から主役を務めたショーン・コネリーは当たり役と言われ、良く知られた「ジェームズ・ボンドのテーマ」も大好評。
ボンドに狙いをつけている銃口が逆に撃たれて血を流す定番のオープニングは、今も変わらず採用され続けています。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。