盗聴調査機器のレンタル

盗聴器は発見器などを使って自分で有無を調べることもできますが、発見器にも性能に差があり、また一般人が闇雲に室内や社内を探し回っても発見できないことが多々あります。

発見器の性能の良し悪し自体判断できないこともあるため、本当に盗聴器の有無が心配な場合には業者に依頼してみるのも手段の一つ。

ただし、その業者の中にも性能のあまり良くない発見器を使っていたり、素人と変わらないスタッフが調査を受け持っていることもあるので注意が必要です。

例えば、引っ越し業者によっては盗聴器調査を行っているところもありますが、無料サービスの場合は自社スタッフが行うのであまり効率は良くないと言われています。
その一方で引っ越し業者の中でも盗聴器調査を有料にし、専門業者に依頼しているところもあります。

盗聴器調査を行っているのは主に盗聴器発見専門業、探偵業、警備会社、電設業といった業種。

費用や発見器の性能、技術力は会社ごとに差があるため一概にどこがいいとは言えませんが、例えばストーカーや産業スパイの不安材料がある場合には探偵業に発見を依頼し、その後の調査まで続行してもらうこともできます。
費用や調査可能な場所などを事前に確かめ、自分たちのニーズに合った業者に依頼してみるのが一番です。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。