盗聴調査機器のレンタル

盗聴盗撮の原因をパターンごとに分析してみました。
盗聴や盗撮が発覚した際、自分の周囲の状況を項目に当てはめてみることで、犯人像が浮かび上がってくる場合もあります。

【原因が個人的なケース】

1.夫婦や恋人が浮気しているかどうかを調べるため。
2.遺産相続の問題で相手方の意思やどういった感情を抱いているかを調べるため。
3.借金などの金銭トラブル。
4.賃貸物件で前の入居者が遊び半分で仕掛けた。

【原因が性的興味であるケース】

1.女子トイレや女子更衣室、女風呂といった場所に何らかの方法で侵入してカケラを仕掛けたり、スカートの中を盗撮したりする。
2.好きな異性の動向を調べるなどストーカー的な目的のため。

【原因が仕事のケース】

1.新商品の開発情報や、顧客情報、取引情報を盗むために会議室や応接室に盗聴器を仕掛ける。産業スパイだけでなく顧客や社員によって行われることも現在ではしばしば。

【原因が金銭であるケース】

1.タレントを盗撮しメディアに売る。
2.一般女性や児童の裸体などを盗撮し、アダルトショップやアダルトサイトで取引する。

これら以外にも選挙や汚職などの政治問題、暴力団関係、空き巣の情報収集、店舗による従業員の監視など、さまざまな用途で盗撮や盗聴が行われています。
誰もが知らないうちに被害に遭っている可能性があることを十分認識しておきましょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。