盗聴調査機器のレンタル

スカートの中を盗撮する手口は、主にエスカレーターや階段などで多く見られますが、それ以外の場所でも被害は続出しています。

エスカレーターや階段は、駅だけにあるとは限りません。
店の中など、段差のない平らな場所でも、スカートの女性は後ろへの警戒が必要です。
ときどき後ろを振り返って不審者がいないか確かめてみることも大切。

例えば、書店やコンビニの雑誌コーナーがそれにあたります。
これは、雑誌や商品に注意のいっている女性の後ろから盗撮するもの。
立ち読みなどに夢中になっていると、周囲への注意力が低下します。
そのため、スカートの中を盗撮されてしまっても気づかないことが多いのです。

電車の中では、座っている向かい側やその正面から女性のスカートの中を狙う盗撮犯もいます。
特に居眠りをし、ひざがゆるんだりして無防備になっているところを狙われやすいので警戒を。
スカートをはいていて居眠りをしてしまいそうなとっきには、ひざにハンカチやタオルなどをかけ、盗撮の被害を防ぐようにしましょう。

とにかく、誰かに見られているという意識を常に持っておくことが大切。
短い丈のスカートは、たとえ同性であっても思わず注目してしまうものです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。