盗聴調査機器のレンタル

盗聴は犯罪につながる悪質な行為ですが、中には思わずクスッと噴き出してしまうようなエピソードもあります。

――主婦のSさんはショックを受けていました。 なぜなら自宅の寝室、それも夫婦のベッドの枕元に盗聴器が仕掛けられていたのを発見してしまったからです。

「いったい誰が!?」と動揺するSさん。 もちろんこのままにしておくわけにはいきません。 住居侵入されたのなら警察に通報しなければ! 携帯電話を取り出したSさんに旦那さんが一言、「ちょっと待て」と。

何と、盗聴器を取り付けたのはその当の旦那さん。 「どうして盗聴器なんかつけたのよ!?」とSさんが問いただしたところ……? 旦那さん曰く「おまえのイビキがうるさくて、何度もそう言ってるけど信じてくれないから証拠を残してあとで聞かせてやろうと思ったんだ」とか。

それでもSさんは、「だからって盗聴器をしかけるなんて酷い!」と腹の虫がおさらまないようす。

――どうやら旦那さんはイビキの大きい奥さんが無呼吸症候群ではないかと心配だったようなんですが、さて理由はともあれ夫が仕掛けた盗聴器、主婦の皆さんは許せますか? 許せませんか?

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。