盗聴調査機器のレンタル
第二次世界大戦のおり、ナチス・ドイツが使用していたのがエニグマ暗号機です。
これは、1918年にドイツの発明家であるアルトゥール・シェルビウスが開発したもので、1925年にはドイツ軍が制式採用、約3万台が軍用として使用されていたそうです。
極めて簡潔に説明すると、エニグマは、歯車のような物を使い、複雑な文字の置き換えを行う装置です。
私の勝手なイメージかもしれませんが、エニグマはダイヤル式の鍵と何となく似ている気がしました。
手動で暗号をかける方法が、不正であっても比較的簡単にロックを解除できる南京鍵。
コンピューターによる暗号化は自動的に行われることから、オートロックにたとえることができます。
エニグマは装置を使うことによって、解読しづらい複雑な暗号化に確かに成功していましたが、けっして完璧な物ではありませんでした。
実は、連合国側は、大戦中に既にエニグマの解読に成功していたと言われています。
しかし、その事実はひた隠しにされたことから、戦争が終わるまでドイツ軍はエニグマを使い続け、情報は漏れ続けたのです。
このエニグマの連合国側の解読班には、数学者や政府の暗号解読のためのエキスパートが集結していました。