盗聴調査機器のレンタル
盗聴の防御策には2通りあります。
一つは、盗聴そのものを行えなくすること。
例えば、一般社会であったら、部屋に仕掛けられた盗聴器を発見し、除去することなどが挙げられます。
もう一つは、盗聴されたとしても、内容がわからないようにすることで、これは無線やデータの暗号化に当たります。
このように盗聴と暗号は切ってもきれない関係にあります。
例えば、固定電話回線を盗聴する場合、盗聴器を仕掛ける側はそのコード上に何らか仕掛けをしなければなりません。
しかし、これが無線となると、受信機さえあれば簡単に傍受することができてしまうんです。
警察無線も、以前はアナログ形式が採用されていましたが、不正に無線を傍受した犯人などに悪用されるケースも起こり、近年ではデジタル形式に移行されています。
デジタル形式の無線では、暗号化はコンピューター任せですが、アナログ形式の無線の場合は、暗号化は手動で行わなければなりませんでした。
戦時下では、この作業はとても重要なことでした。
暗号化を複雑にしないと、それを傍受した敵国に内容を解読されてしまうからです。
しかし、人の手による暗号化と、その判読には時間がかかるもの。
必要なのは、刻々と変化する戦況を迅速に伝えるための情報です。
もっと効率の良い暗号化と、その判読方法はないものかと発明されたのが暗号機でした。