盗聴調査機器のレンタル
盗聴や盗撮は、何も近年になって始まったというわけではありません。
形は違えども、古来より存在するものなのです。
古くは書簡の盗み読みがあります。
電波や電気通信が発明されるまでは、遠方との通信手段と言えば書簡に限られていました。
政治にとっての重要な情報も、その書簡にしたためられていたのです。
その内容には暗殺、クーデターについて含まれていたこともあったでしょう。
万一、とちゅうでそれを政敵に知られたり、改ざんされたりすることがあっては、権力者にとって大打撃となります。
そこで、時の権力者は、その内容を暗号化し、たとえ盗み読みされたとしても情報がもれないように工夫をこらしたのです。
そして、この暗号化は、現代の電波や電気通信でも、もはや欠かすことのできない流れとなっています。
電波や電気通信は、書簡以上に安易に盗聴盗撮されやすく、言葉や映像をそのままやり取りしては、またたくまに他人に情報が漏れてしまいます。
ネットショッピングなどでクレジットカードを利用するとき、「SSL暗号化」などの文句を目にしたことがある人もいると思います。
このSSLは、インターネット上でプライバシーに関する情報を暗号化することで、安全に送受信するシステムです。