盗聴調査機器のレンタル

盗聴器と同様に、盗撮カメラも2タイプに大別できます。

第一が、ビデオカメラタイプで、これは普通のデジカメか、もしくはさほど変わらない機種です。
例えば、撮影したい場所にビデオカメラを設置するか、撮影者が物陰などに隠れて実際にシャッターを切るを必要があります。
画像がクリアなどの特徴がありますが、特定の場所に設置した場合、あとから回収したり、撮影者が操作していた場合も実際に被写体のそばに近づくケースがあり、不法侵入の可能性があります。

第二のタイプが、無線カメラタイプで、モニターが離れた場所にあり、そこで映像を受信する機種です。
このタイプはサイズが小さく、いろいろな製品の中に仕掛けることができてしまいます。

超小型CCDカメラという言葉を耳にしたことはありませんか?
テレビのバラエティー番組でもおなじみのあれです。
名前のとおりの小型であるため、1mmの穴からも撮影をすることができます。

このサイズを利用し、中には店頭に並んでいる段階で、時計であったり、ペンであったり、すでに何らかの製品に偽装されたている物もあります。
発見したとしても犯人の特定が困難なため、現在の盗撮はこの無線カメラタイプが主流となっているようです。