盗聴調査機器のレンタル

かつては大家族が当然だった日本。祖父母、両親、そして子供と、三世代同居も数多く見られました。子供も多かったことから、上の子が下の子の面倒を見るなんて話も当たり前。小さな子は孫をかわいがる祖父母に任せておけば安心でした。
しかし現代では核家族化が進み、赤ちゃんの面倒を見られるような年上の兄弟はおらず、祖父母とも同居はしていないという家庭のほうが多くなりました。
両親、特に母親がつきっきりで赤ちゃんの世話をするというのは相当なストレスになります。せめて赤ちゃんが眠っているときくらいは、自分だけの時間や夫婦の時間に割きたいもの。
ただし、赤ちゃんに限っては、たとえ眠っているからと言って油断はできません。寝返りによってうつぶせになったり、毛布が顔にかかかるなどのリスクがあるためです。
生後2~4ヶ月頃の赤ちゃんが、健康に何の問題もなかったもかかわらず突然亡くなってしまうケースがあります。「乳幼児突然死症候群」、略して「SIDS」と呼ばれ、生後間もない赤ちゃんを持つ親御さんが最も注意する必要のある症状です。
ようすはなるべく見守っておく必要があるのですが、同時に赤ちゃんにとって眠りは重要な仕事。親が同じ部屋にいて、その眠りを妨げないように音を極力たてずに過ごすには無理があります。母親には家事だってあるでしょう。
そんなときに役立つのが、「ベビーモニター」です。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。