盗聴調査機器のレンタル

作品上映前、映画館での映画撮影が違法であること啓蒙する映像が流れますが、それでも悪意を持って盗撮を行う人はあとを絶ちません。

しかし、こういった現状を映画業界や技術者が黙って見過ごすわけがないのも世の中です。

2009年9月、国立情報学研究所(NII)は映画作品のビデオカメラなどによる盗撮を防ぐため、シャープと共同で新たな技術を開発しました。

これは人間の目とイメージセンサー(撮像センサー)との違いを利用して、目に見えなくてもカメラには写る赤外線のノイズ(円などの模様)をスクリーンに表示するという方法。

言ってみれば盗撮した映像に傷のようによけいな円の形のマークなどが映っている状態で、この映画を鑑賞しようと思ってもそのノイズ(傷)が気になってまともに見ていらないよう、商品価値を台無しにしてしまうのが目的です。

実験的にこの技術による映画を人に見てもらったところ、被験者10人の中でこのLEDによるノイズ光が見えたという人はいなかったそうです。

逆に盗撮を想定して映画をビデオ撮影したものにはこのノイズ光が大きく映っており、被験者はかなり邪魔だと感じたため妨害効果があることがわかっています。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。